やっておくべき台風対策リフォームとは?

近年天災による被害が増加傾向にあると言われていますが、台風から大切な自宅を守るためには減災のためのリフォームを実施しておくと良いでしょう。

特に窓は、強風によって飛ばされた飛来物が当たると割れる可能性がありますので、養生テープを貼り付けるだけでは不十分なのです。

窓に雨戸やシャッターを後付けしたり、割れにくい防犯ガラスや強化ガラスへ交換したり、窓のリフォーム実績が豊富な業者を選んで施工してもらいましょう。

台風による停電も考えられるので、太陽光発電や蓄電池を導入するリフォームを行ったり、飛ばされやすい屋根を割れにくくて軽い素材へ交換するのもオススメですよ。

規模の大きいリフォームが難しい場合は、DIYリフォームで窓ガラス飛散防止のフィルムを貼り付けると良いでしょう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。