リフォーム業者と起こりがちなトラブル、その対策とは?

リフォームをリフォーム業者に依頼する場合に、起こりがちなトラブルがありますので対策について知っておきましょう。

見積書の内容が杜撰で曖昧だと、追加費用を請求されるトラブルに発展する事が考えられますので、きちんとした見積書を貰うように気をつけましょう。

工事の予定日になっても工事が始まらない場合、リフォーム業者に連絡して確認したり、契約の解除も検討すると良いでしょう。

リフォーム工事してもらったのに直っていなかったり、工事後に不具合が出ても対応してもらえない場合には、瑕疵担保責任に該当する事が考えられますので業者に確認すると良いでしょう。

信頼して任せられる業者を選び、リフォームを任せる前に業者と打ち合わせして念入りに話し合い、理想の空間を実現しましょう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です