シャワールームを設置するときの注意点

最近は自宅での筋トレ需要やテレワークをする人の増加により、ササッと汗を流せるシャワールームの需要が上がっています。
シャワールームのメリットは空き部屋などにも設置できるという点です。例えば部屋が2階にあるけど浴室は1階にある場合、わざわざサッと汗を流すだけに浴室に行くのが面倒という方もいます。そういう場合は2階の空いている部屋にシャワールームを設置すればより手軽に利用できるのです。
最低限必要な広さは1m×1.5mとなっているので、ちょっとした空きスペースがあれば室内にも設置できるというのも特徴でしょう。

しかし、もちろんシャワールームを設置するのに気をつけなければならないことがあります。
例えば給排水についてです。最も簡単に設置できるのはこうした問題が解決されている浴室への設置ですが、浴室にそもそもシャワー自体があるという場合は意味がありません。
シャワールームが欲しいという方は基本的に普通の部屋に設置したいという方が多いです。そうするとやはり給排水は大きな問題となります。
シャワールームは自分でも設置自体はできますが、きちんとできていないと水漏れなどの大きなトラブルに繋がるため、専門家に依頼して設置してもらうのが一番安心です。

また、盲点になりがちなのがシャワーの音です。特に深夜家族が寝ているときに気軽にシャワーを浴びたいという場合は、このシャワーの音が煩くて眠れなくなるなどのトラブルがあります。こうした防音についても事前に確認しておくことをおすすめします。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です